ビル外壁にこんな症状が起きていませんか?

外壁にこんな症状が起きていたら、要注意です。ここでは注意すべきポイントを紹介していきます。

雨漏りが発生している

屋根・屋上は風雨や紫外線にさらされて傷みやすく、人の目があまり行き届きません。また、ビルの場合、最上階以外でも雨漏りが起きる場合は、外壁からの原因により雨漏りが発生している可能性があります。

鉄筋コンクリートの剥離

鉄筋コンクリートの劣化が進むとコンクリート自体が剥離します。コンクリートが剥離するおもな要因は、鉄筋コンクリートの中に水分が浸食することです。建物の構造体自体に大きな影響が出ている状態ですので、とても危険です。

チョーキングが発生

太陽光などの影響で塗膜が劣化し、外壁に手を触れると白いチョークの様な粉がつくことがあります。(チョーキング)

チョーキングは塗膜劣化の初期状態で、やがて、防水効果がなくなります。外壁自体に大きな影響が出る可能性があります。

カビやコケの発生

カビやコケは塗膜にどんどん侵食していき、塗膜をダメにします。

幅0.3ミリ以上のクラックの発生

外壁に発生するクラックというのは、様々な物があります。

細いクラックであれば、初期状態で外壁の表面で問題ありません。

しかし、幅0.3㎜以上の幅のクラックは外壁自体を貫通している恐れがありますので、建物に水が回ってしまう可能性があります。

メールでのお問合せは24時間受付中
お気軽にお問合せください。

お問合せは、こちら
022-265-2835

受付時間:9:00~17:00
定休日:土曜・日曜・祝日

無料PDF小冊子ダウンロード

「あなたのビル、外壁塗装は大丈夫ですか?」外壁塗装に関する悩みや不安を解決する小冊子を作成しました。どうぞ、ダウンロードし、参考にしてください。

お問合せ電話は、こちら
022-265-2835

ご連絡先はこちら

仙台小規模ビル
外壁塗装工事相談室
運営会社:宮城相扶株式会社

022-265-2835
住所

〒980-0822
 仙台市青葉区立町27-21                 仙台橋本ビル4階