塗装の種類と耐久性

 

外壁塗装の耐用年数
塗料 耐用年数 塗料特徴
アクリル塗料 5~8年 安いが耐用年数が短い為使われていない
ウレタン塗料 7~10年

防水性が高いが、耐用性が低い

シリコン塗料

10~15年

主流の塗料。様々な種類がある。
ラジカル塗料 10~15年 シリコンを機能で上回るが実績が少ない
フッ素塗料 15~20年 耐用年数が高い。高価。
光触媒塗料 15~20年 汚れに極めて強い。
ガイナ 15~20年 超高機能塗料

無機塗料

20~25年

一番耐用性が高いが、ビルには不向き。

塗料の選び方

塗料は、多種多様のものが数十社の塗料メーカーから発売されているので、種類は無限にあります。

溶剤タイプか水性タイプ

硬質タイプか弾性タイプ

薄塗りタイプか厚塗りタイプ

他にも・・・低汚染性、防カビ性、防藻性、透湿性、断熱性など。

塗料を選ぶ基準は?

  • 耐久性
  • 価格(コスト)
  • 環境適応性
  • 防汚性

耐用年数は環境や職人の腕で変わってくる。

耐用年数が実際より低くなるケース

  • 紫外線が強い地域にある
  • 隣接する建物がなく、日当たりが良い
  • 海が近い場所
  • 車の排気ガスが多い場所

上のような地域、場所にある場合は通常より耐用年数が短くなるので、塗り替え時期が早くなります。立地環境も考慮しなければなりません。

耐用年数は職人の腕が大きく影響する

安い塗料は非常に塗りやすく出来ておりますが、耐用年数が高い塗料ほど、塗りムラが出来やすく、塗り方が難しいです。

高い塗料で依頼しても、職人に施工実績がなかったり、腕が悪いと、実際の耐用年数まで持たず、わずか数年で塗り替える事になったりしてしまいます。

また、一般の人にはわかりにくい手抜き工事もあります。

考えられる手抜き工事

最も多いのが塗りの回数を減らすことです。

塗装工事は以下のように通常3回塗りをしなくてはいけません。

塗装の工程

下塗り 塗料の密着性を高めるための下塗り専用塗料
中塗り 1回目の塗料塗り作業
上塗り 2回塗り、仕上げの塗装

大半の業者は中塗りと上塗りをまったく同じ色で行うため、塗り残しがあったり、悪質なものになると、上塗りを省くところもあります。

中塗りと上塗りで同じ塗料を使うのは、塗りムラをなくし、塗膜を厚く塗ることで耐久性が増すからですが、悪質な業者になると、中塗りと上塗りの色が同じ塗料なので、一般の人にき区別がつきにくく、中塗りをしない業者もでてきたりするのです。

こうなると、15年もつ塗料も数年で剥げてしまったりします。

メールでのお問合せは24時間受付中
お気軽にお問合せください。

お問合せは、こちら
022-265-2835

受付時間:9:00~17:00
定休日:土曜・日曜・祝日

無料PDF小冊子ダウンロード

「あなたのビル、外壁塗装は大丈夫ですか?」外壁塗装に関する悩みや不安を解決する小冊子を作成しました。どうぞ、ダウンロードし、参考にしてください。

お問合せ電話は、こちら
022-265-2835

ご連絡先はこちら

仙台小規模ビル
外壁塗装工事相談室
運営会社:宮城相扶株式会社

022-265-2835
住所

〒980-0822
 仙台市青葉区立町27-21                 仙台橋本ビル4階